ティールームTerra
ここは横浜駅から徒歩8分の静かな場所にあるセラピールームTerraの別館です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女がヒプノで出会ったのは・4(後編)
Oさんの前世である青年が考え出した絶対に孤独にならない方法とは
「自分がふたりいればいい」という方法でした。
だけど自分がふたりもいたら混乱しちゃいませんか?と聞いたら、青年は
「大丈夫、ふたりは離れて暮らすから。離れていてもちゃんとわかるから。
いつもはそれでいい、そして僕ができなかったことをふたりにして欲しい。
会うときは必要なときにだけ会えるようにする」と答えました。
…ええと、ひとりはOさんですよね?それじゃあもうひとりは??
するとOさんが「あっ!!彼だ!!!彼がもうひとりなんだ!!!」

もうひとりはOさんが好きなあのスポーツ選手でした。
なんて意外な結果だろうと私が思っていたらヒプノから覚めたOさんはとても冷静で
「すごく腑に落ちました。彼と私が同じ人だったってとてもしっくりきます。
大分以前から私が何かに興味を持つと彼も同じ頃に同じものに興味を持っていたと
その後雑誌のインタビューとかでわかったことが何度もあったんです。
偶然が多いな~と思ってたけど…同じ人間だったなら当たり前ですよね。
同じ人間なんだから、恋人や友達が変!って思えて当然だったんですよね」
と話してくれました。
ところでこの話は彼にするの?と訊いたらOさんは
「いいえ、話しません。彼とはこれまでどおりに接します。
それは彼が信じてくれないだろうとかじゃなくて、そのほうが自然だからです。
あの前世の青年はどこかで感じ合えればそれでいい、って言ってました。
私もそう思うんです。私は私で自分の道を歩こうと思います」
このセラピー以来、Oさんはとても落ち着いて自分の夢の実現に向かっています。

そして後日、雑誌の記事にOさんがこのセラピーをした前後くらいのタイミングで
スポーツ選手の彼もやはりヒプノセラピーを受けたと書いてあったそうです。
セラピーの内容は不明ですが、彼も心がとても落ち着いたということでした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

ヒプノで彼女が出会ったのは・4(前編)
今日2回目の更新は久々のヒプノセラピー体験です。

Oさんはある外国人スポーツ選手のファンでした。
まったくの一目惚れで、彼の国の言葉を覚えてファンレターを書き
たまに来日すると必ず会いに行っていました。
彼のほうもOさんの顔と名前を覚えていてとても親しげにしてくれました。
他のファンには「アリガト」みたいに片言の日本語で挨拶だけなのに
Oさんを見ると自国の言葉で「どう?言葉は覚えられた?話してみて」
などと話しかけてくれたりするのです。
Oさんが彼の国に旅行した後に「あなたの国に行ったよ」と手紙を書いたら
「なんで連絡してくれなかったの?絶対に時間を空けたのに!」と返事がきました。
旅行に行ったとき、彼は他の国に遠征していたのですけどね…
Oさんの友達は「彼は絶対あなたに気がある!」と断言していました。
彼はあなたが好き、きっと恋人になれる、恋人じゃなくても友達にならなれるよ!
そんなことを言われるたびにOさんの気分は暗く沈んでいきました。
「あれ?私は彼が好きなんだから嬉しいはずなのになんで落ち込むんだろう?」
不思議に思いましたが激しい違和感を感じて落ち込むOさんは
その不思議を解明したくてTerraにヒプノセラピーをしにいらしたのでした。

催眠状態に入ったOさんは青年の前世を体験していました。
天涯孤独で友人もいない、ある事情により世間と関わることもできずに
自分の中で自分と話すしかないままに亡くなった青年でした。
その青年は亡くなった後に生まれ変わることを決意します。
今度は孤独な人生は送らないと決めましたが、どうしても孤独の恐怖が抜けません。
そこで青年は絶対に孤独にならない方法を考え出しました。
その方法とは…
(次回に続きます)

ブログランキングへ投票

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

喉が教えてくれたこと
最近、ちょくちょく喉が詰まる感じがするようになりました。
ちょっと調べたら全く病気ではないので安心して
でも喉が詰まるのはやっぱり不快なので
本で調べてみてもいまひとつピンときません。
なのでどうしてそんな症状になるのかをセルフヒプノセラピーしました。

催眠状態に入ってイメージの中で喉の詰まり感に理由を聞こうとしたら
喉の詰まりが赤くてひょろひょろした人の形になりました。
ちょっとダークな赤でうんと健康という感じではありません。
そして本来はひょろひょろした姿ではないのだろうなと思えました。
その赤いひょろひょろした人に喉の詰まり感の説明を求めると
「あなたが自分がやりたいことを分かっているのにやらないからです」
と答えました。
では具体的にどうしたいのか?と聞くと
「自分のやりたいことのために時間を使うことを意識してください。
他人中心ではなく自分中心のスケジュール管理をしてください」
と要求されたので了解すると、喉の詰まりはスーッとなくなりました。

喉にあるエネルギーポイント(チャクラ)が持つのは自己表現のエネルギー。
自分が自分にして欲しいことを実現するためのエネルギーポイントです。
そのエネルギーがうまく活用されていないから詰まり感があったようです。
やりたいことをやらないで余計なことをしているなあと思える時間って
つまりはやりたくないことをしてるってことですからね。
つくづく体って正直なんだなあ…。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

彼女がヒプノで出会ったのは・3(後編)
昨日の続きです。

Kさんが戻ったのはお母さんのおなかに入る少し前のKさんが
自分の人生を決めて両親を選んでいる場面でした。
私が「あなたはどうしてその両親を選んだのですか?」と質問すると
「優しそうだったから」という答えが返ってきました。
そうなの?優しそうだったからその2人をあなたの両親に選んだの?
「そう、2人ともすごーく優しいのよ!」
Kさんはとても得意げです。
なるほど…どうして優しい人たちをあなたの両親にしたいと思ったの?
「うん、優しいからね、私が見捨てても怒らないと思ったの!」

私は驚きましたが、Kさん自身は自分の言葉に驚いている様子はありません。
重ねて私は質問しました。
あなたが両親を見捨てるの?
(すごく楽しそうに)「そう、私が見捨てるの!」
どうして見捨てたいの?
「私はね、今回は1人で生きるってことをやってみたいの。
そしてどうしても関わりたい人たちがいるの。
でもその人たちは私の親になれないの。
私はその人たちとじっくりと、ひとりの人間として関わりたいの。
そのためには両親っていう存在そのものが邪魔なの。
だから見捨てても怒らない優しい人たちを探していたの!」
…あまりに説得力のある答えに私は納得するしかありませんでした。
催眠状態から覚めて意識がはっきりすると
Kさんは自分でも意外なセッションの内容にしばらく呆然としていましたが
「すごくびっくりしましたけど、とても納得できました…まだびっくりしてますけど…
……私が見捨てられたんじゃなくて、私が両親を見捨てたんですね…
それを許してくれたなんて、なんて愛情深い人たち…私は見る目があったんですね。
だから、私が生まれたときにはあんなに愛をくれてたんですね…
私、すごく幸せな子なんだなって思います、こんなに許されてるんだから」

その後、Kさんは自分の幸せに自信をもって生きています、と教えてくれました。
Kさん、どうもありがとうございました。
ブログランキングへ投票

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

彼女がヒプノで出会ったのは・3(前編)
久々のヒプノ体験談、今回は結婚を控えていたKさんの話です。

Kさんは幼い頃からご両親と別れて暮らしています。
どうしてそうなったのかは誰も教えてくれませんし
Kさんご自身も特に知ろうとは思わなかったそうです。
でも社会人になって恋人ができて結婚の話が出るようになった頃から
彼女は「どうして両親は自分を捨てることができたんだろう?」と
感じたことのなかった疑問を感じるようになったんだそうです。

「昔からずっと両親は何か理由があって仕方なく私を手放したと考えてきました。
私は捨てられたんじゃないか、ということは感じたことはありませんでした。
いえ、本当はずっと感じてきたけど感じないように頑張ってきたような気がします。
それでもスピリチュアルな本をたくさん読んで自分なりに解消もしてきました。
私を育ててくれた人たちのためにも両親を想ってはいけないと思ってきました。
だけど今、どうしても両親のことが心から離れなくなってしまったんです。
私は本当は必要とされない人間なんじゃないか、ってそう思うと
このままでは私は彼と結婚する気になれそうもありません…」

Kさんがこの世に生まれた場面に戻ると、彼女はご両親の愛をたっぷりと感じました。
「母も父も私に会えたことがとても嬉しいと感じています。
顔はよくわからないけど、すごくニコニコしているのがわかります…」
想像以上に愛されていたこと、自分が生まれたことを喜ばれたことを感じて
Kさんの目からは涙がぽろぽろとこぼれます。
思う存分にご両親の愛を受け取った後、Kさんはふと表情を曇らせました。

「私がすごく愛されていたことはもう充分に理解できました。
でも…それなのになぜ両親は私を捨てることにしたんでしょうか?」
今度は別の涙が彼女の両目から溢れだしました。
別れの場面は辛すぎるので見たくない、とKさんは言います。
そこで、もう少し過去の場面に戻ってみることにしました。

(明日に続きます)
ブログランキングへ投票

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体



プロフィール

高橋カオリ

Author:高橋カオリ
横浜市西区にあるセラピールームTerraのセラピスト&占い師

いらしていただいてありがとうございます
このブログへのご質問ご感想ご意見などお待ちしています
コメント欄またはメールフォームからどうぞ
※スパムが多いのでコメントは承認制になっています
コメントはこちらで承認すると反映されます



最近の記事



カテゴリ



ブログ内検索



過去ログ



面白いと感じたら

面白いと感じたらバナーをクリックしてください

にほんブログ村ランキングへ投票する
人気ブログランキングへ投票する
クリックしていただけたら嬉しいです☆

更新のはげみになります



Terraへのメール

ブログへのご感想、ご意見、ご質問
Terraへのメッセージなどご自由にお使いください

名前:
メール:
件名:
本文:

氏名・メールアドレスは必ずご記入ください



リンク

このブログをリンクに追加する



キーワード



最近のコメント



FC2カウンター



QRコード

QR



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。